相続・遺言・生前贈与

遺言書の書き方、相続するもの、しないものなど、意外と知らない相続の準備と手続き

ご両親や祖父母の方が亡くなられた場合、相続が発生します。
遺産を誰がどの位引き継ぐかという問題に対しては法定相続が原則ですが、それとは異なる割合で相続することができます。そのための協議を遺産分割協議と言います。協議をした後は協議書を作成し、相続人が互いに相続分を確認することとなります。
また、ご両親・高齢者の方があらかじめ遺言書を残しておくと、遺産は遺言書にしたがって分割されることとなります。子供達の将来のためには、そちらを選択されるほうが良いかもしれません。

具体的な業務の事例

近藤総合事務所では相続・遺言・生前贈与に対し、あらゆるサポートを行っております。
主な事例として、下記項目があげられます。

  • 相続・生前贈与による不動産の名義変更、相続に必要な書類の収集等
  • 遺産分割協議書の作成、アドバイス
  • 遺産分割調停、遺産分割審判の申立
  • 預貯金、生命保険等名義書換サポート
  • 遺言書作成サポート
  • その他、相続・遺言・生前贈与に関わる業務

料金について

近藤総合事務所では分かりやすい料金形態を心掛けております。
料金の詳細は下記項目よりご覧ください。

相続登記の事なら全国どこでも対応可能!!ご相談・お見積り無料。まずはお問い合わせください!!