その他業務

不動産登記、簡易裁判所における訴訟代理など、意外に多い司法書士のできる事

一般的に不動産と言えば財産の中でも高額なものです。土地や建物を購入したときには、売主・買主の公正中立の立場に立って不動産の名義を変更したり、建物を新築した場合には建物の権利を保全する登記、住宅ローンの担保権の設定、住宅ローンの返済等の担保権の抹消登記の代理をしたりするのが司法書士です。
また、当事務所は認定司法書士事務所として、簡易裁判所における訴訟代理権を有しています。裁判手続の代理から身近な法律相談に至るまで、様々な問題に対応することが出来ます。

具体的な業務の事例

近藤総合事務所では認定司法書士事務所として、あらゆるサポートを行っております。
「その他の業務」の事例として、主に下記項目があげられます。

  • 不動産の名義変更、住宅ローンの担保設定・抹消など、不動産登記全般
  • 不動産の個人売買支援
  • 労働問題、残業代請求
  • 簡易裁判所における訴訟代理、家事事件・地裁事件の訴状等作成
  • その他各種相談

料金について

近藤総合事務所では分かりやすい料金形態を心掛けております。
料金の詳細は下記項目よりご覧ください。

相続登記の事なら全国どこでも対応可能!!ご相談・お見積り無料。まずはお問い合わせください!!